Enhanced Score Report

先日受験したGMATの「GMAT® Enhanced Score Report」を取り寄せました。

受験生の皆さまから質問が多い、難易度と解答時間についてこのレポートを使って分析してみたいと思います。

先日のGMAT受験レポートはこちらをご覧ください。

GMAT受験レポート('18年5月)

2018.05.25

 

開始1/4はMediam中心、2/4以降に正答を重ねても難易度が上がることはない

 

今回の受験は全問正解だったようです。結構嬉しかったです^^

GMAT数学満点51点高得点

 

次に、Average Difficultyのチャートを見て下さい。

GMATの難易度

開始1/4はMediumです。全問正解したとしても、2/4以降もMedium寄りで、難易度が上がり続けることはありませんでした。

受講生の皆さまに何度もお伝えしているように、難易度の高い問題に無理して取り組むのではなく、Mediumまでのレベルを確実に解けることを目指して勉強した方が良いです。

 

サマリーレポートでは、Medium Highになっています。

GMAT数学難易度。満点51点高得点をとるには。

 

最初の10問は確実に、でも、ペースは守る

 

最初の10問は、見直しをしながらかなりゆっくりと解いた自覚がありました。でも、結果的には、1分30秒ペース、その後も2分弱ペースです。

最初の10問(Medium)で間違うと点数レンジが悪くなるので、確実にするべきですが、その後(Medium High)で、出てきた難問は時間配分が守れないのであれば思い切ってランダムクリックした方が良いかもしれません。

GMAT数学時間配分本番受験

 

苦手な分野を作らず平均的な時間配分で問題に取り組むべし

Data Sufficiency(DS問題)だと解く時間が遅くなるとか、〇〇分野が苦手などあると思います。それでもペースを守れるように苦手分野を潰しましょう。

とにかく、Mediumまでのレベルで苦手やミスをなくすことが重要です。

GMAT数学出題分野

まとめ

毎回同じことになってしまいますが、繰り返します。

  • 1問2分ペースを守れるように訓練しましょう。
  • 最初の10問は間違えてはいけません。
  • ①問題文の理解→②解法の方針検討→③実際に計算 で時間を省けるのは②です。すぐに解法を思いつくために『GMAT数学完全攻略』を作りました。良ければどうぞ。
  • Mediumまでの問題は9割の精度で解けるようになりましょう。Hardは捨ててもかまいません。
  • 苦手分野はつぶしましょう。難問対策よりもこちらを重視してください。

 

今日は以上です。

レポート全体はこちら

GMAT本番対策 GMAT本番満点 GMAT数学本番

 

最短3週間でGMAT数学50点の体験:無料ダウンロード

苦手分野判定&最適学習プランを提案する
オリジナル模擬試験問題全37問と
3週間で50点取れるテキストサンプル
ジェイマス講師Jより『51点取得者が語る!GMAT数学 高得点獲得のヒント』もメルマガで配信!

コメントを残す